相撲の歴史

ここでは日本の「国技」にふさわしい、相撲の長い歴史について駆け足でご説明します。

相撲の起源はとても古く、「古事記」の中の記述にまで遡ります。この頃はまさに命をかけた男の戦いだったようです。

それがやがて一度は神に奉納する神事や余興として行われるようになり、一度はエンターテイメント性を持ちます。しかし、時代が流れ、戦の絶えない戦国時代に入ると「武術」として取り入れられるようになりました。相撲が武術として発達したのはこの時代です。

そして江戸時代に入り、泰平の世になると、再び武術としてではなくエンターテイメントとして相撲はとられるようになりました。
こうして人々の間で人気となった相撲は、徐々に組織やルールなどが確立され、「スポーツ」として現代でも親しまれているのです。

相撲は神話の頃よりこの国で行われていた、まさに我々の起源に根付いた競技なのです。

またこれは余談ですが、神事として執り行われたという歴史を持っているため、相撲は礼儀作法が重んじられ、様々な決まりごとがあることも特徴です。