角界は実力主義

ちょっと下世話な話ですが、力士のお給料ってどうなってるのか気になりませんか?
ここではそんなお給料のお話。番付評価よりも更に角界の「実力主義」が如実に現れています。

幕内以下の力士がもらえるのは各場所ごとにもらえる場所手当てのみで、なんとお給料というものはないそうです。しかも階級によっては5万しかもらえなかったりと、その額は本当に僅か。

しかし幕内に入れると、ここからは給料制にかわり、上の階級になるにつれてお給料は高くなります。
ただし、ここまでにあげた幕内以下の場所手当ても、幕内のお給料も、同じ階級内は同一額という特徴があります。

ではどこで実力への評価を出すのか?

それが「力士褒賞金制度」というものです。
これは

  • 「勝ち星をあげる」
  • 「優勝する」
  • 「勝ち越し日数がある」

場合に賞金が出るというもの。勝てば勝つほど、勝ち越し日数が多ければ多いほど賞金を手にすることが出来ます
幕内以下にもこれは適用されるので、稼ぐ為には勝つしかありません。

また、人気力士同士の取組みには「懸賞金」というものがかけられる場合もあります。これは協賛する企業や団体が提供するもので、勝った力士が手にすることの出来る賞金です。

以上のように、力士達のお給料というのは「勝った分だけ評価を得る」という非常にわかりやすいシステムになっているのです。